ライゾマ展ミニ(後篇)会場内レポ

2014.05.06(Tue) | EDIT



さてさて、前回の続きです!

GW に開催されたピオレ姫路のライゾマなんとか展(ミニ)もついさっき終了し、
ネタバレOKとなりましたので。。
内容レポに移りたいと思います♪

まあ、撮禁ですから、映像はありましぇん( ̄▽ ̄;)

でも、メモるのはなんの問題もないのです。。
監視員が2人ほどいますが、
その前で堂々と書きまくり、描きまくることができますw

成果がこれです↓


(クリックで別ウインドウで拡大します)


これ作っただけでもう満足しましたがw
要点だけ解説します( ̄▽ ̄)適当に…

見にくいかもしれないですが、
上の図に入り口から出口まで、
①~⑧の番号を振りました。
主催者の思惑はどうあれ、
何となくの展示の流れ順につけてみました。

では、個別の展示の個人的なポイント?を一言解説で!(たぶん長いけど…)




① History of Rhizomatiks & Perfume

2010年の東京ドームライブの演出以降、
RhizomatiksがPerfume に関わってきた歴史を、年表形式で展示!

中身は一言では言い表せませんが、
両者が関わり合い、コラボレーションすることによって、
加速度的に表現方法が多様化していく歴史がひと目でわかります。。
といっても、活字だけの年表なので、
じっくり読むと時間がかかりますw


② Perfume “Global Site Project #003”

ファンならご存じですよねー
(以下、抜粋引用w)
 「Perfume “Global Site Project #003”」は、プロジェクトを通じてファンとヨーロッパにいるPerfumeをつなぐことをコンセプトに企画されました。
ライゾマティクスは、ファンがWeb上に公開されたPerfumeの3Dモデルに自由にグラフィックやアニメーションを投稿できる仕掛けを制作し、これに合わせてオリジナルのプログラミング原語(Prfm Programming Language)環境も制作・公開。
これらを用いて投稿されたグラフィックは、Perfume初のヨーロッパ公演「Perfume WORLD TOUR 2nd」において舞台スクリーンに投影されました。
(引用終わり)

このファンによって投稿されたグラフィックの一部をパネル展示していました。
わりと壁一面に!


③ Sleeping Beauty ライブビデオ

4th ツアー「LEVEL∃」の会場外で3Dスキャンされたファンが登場するあのライブ映像を流しています!

この次のゾーンで体験できる3Dスキャンのデータを使って、こんな作品が作られていくんだよという前フリですねー♪
さーて、次の④でいよいよ3Dスキャンの体験です*\(^o^)/*


④ 3D Scan System For Perfume

モニタにはこれまでこの会場でスキャンされた人たちの映像、直近の過去12人分が映し出されています。

その反対側の壁、薄暗く何もないスペースで撮影はおこなわれるようです。

壁の左右には離れて三ヶ所のスキャン用のカメラが取り付けられ、
立ち位置に立つと自動でカウントダウンされ、フラッシュがたかれたかと思うと、
瞬時に目の前の壁にスキャンされた自分が映し出されます。

一瞬ですから、
最初からどんなポーズか考えて立ち位置に行かないといけませんw

たとえば、エレワのポーズとか←



パシャww

すると、さっきのモニタにそのポーズで追加されてしまうわけですねー♪

今回は、展示会場看板の
このポーズの人が多かったですねw




⑤ Spring of Life 絵コンテ&MV

田中裕介監督?の絵コンテ(手描き)を映像として流した後に、
Spring of LifeのMV が再生されます!

すると背後で何やら、その音楽に合わせて点滅する3体×2versionの物体が~‹‹\(´ω` )/››‹‹\(  ´)/››‹‹\( ´ω`)/››
いや、このゾーンに入った時点で、もう見えてしまってますがw

ちゃんと音と衣装の点滅が、連動する様子が観察できるんですね♪

この絵コンテの作風は、
未来のミュージアムのものなどを見たことがあるかと思いますが。。
なかなかに、ツボですw

でも、絵コンテですから、
ほとんどその通りに撮影が進むとはいえ、少し違いは出てきます。
例をあげるならば、
SoLMV のラストであ~ちゃんに繋がれたコードを引き抜くのは、
実際の作品ではのっちですが(のεの;)
絵コンテでは自分自身ということになってました。
自分次第じゃないしー←

構造的に自分で自分のコードは抜けない…
ということを現場で気付いたんでしょうか?( ̄▽ ̄;)ぁ←想像です

このように現場で撮りながら、微修正を加えて、より完成度の高い作品として仕上げていくんですね(きっと)

あぁ、話が脱線していってますねこれ…

そもそも、この田中監督と真鍋さんのトーク聴いた方が分かりやすいですね( ̄▽ ̄;)

→ 第二部 アーティスト・トーク「ライゾマティクス inspired by Perfume」展(2013.10.19)

ちなみに、
解説文には田中監督の考えるストーリーは、、


ヒューマノイドが製造されている研究所。ロボット・アームによって作られているヒューマノイドたちは、プログラム通りにしか行動することができない。ところがエスパーカードのテスト中にハートのマークを引き当てたのをきっかけに、彼女たちに意思と感情が宿る。
プログラムはコードを伝って逆流し、「LOVE」がコンピュータを侵食。コンピュータをハッキングしていく。再起動が完了した彼女たちは、念願の自由を手に入れる。
電話でデートの約束を取り付け、オシャレをして、ロボット・アームにネイルを塗らせ、デートの準備が完了した彼女たちちは、外に出るために邪魔なコードを抜く…。


とありました♪(メモw)


⑥ メンバーが実際に着用したMusic Video用、紅白歌合戦用の衣装

これです、今回の展示のメインとも言えるデバイスは~\( 'ω')/バッ
ここだけで30分は眺めていられます。。

つまりこれの
左端の3着と右端の3着ですw


(真ん中のVMAJ のは来てなかった~ヽ(;▽;)ノ)

SoLのMV がversion1で初期型、
紅白がversion3で最終形態ですね!

大きなポイントは…

ゆかちゃんのウエストサイズなんだこれ…
自分の太ももくらいしかないじゃん…
子供かっ(* ̄∇ ̄)ノペシッ

じゃなくて、

衣装の所々以上に傷みがあったり、
着ジワや折り目があるのがかなり生々しい…ゴクリ

でもなくて、、

versionが進むにつれて、コードを無くしてバッテリーにして、基盤も小型化してるのがよくわかりますね♪
LEDも、MV のときはチューブを巻き付けたような ものだったのが、
紅白の時はわりとフラットになって、
体にフィットしてますね。
点滅のグラデーションも滑らかになってます♪!

まあ、個人的にはぐるんぐるん巻いてある感の初期型が好みだけど♪
あのコードに繋がれてる感も、
演出上大事ですもんね!(//∇//)

真鍋さんが、最初からコードレスにすることはできたけど、
MV の演出上コードありにしました的なことを言ってましたね♪


⑦SoL MV 靴&手のLEDパーツ 、そして、衣装のLED制御プログラム(Mac)

MV で使われたと思われる、 (甲部分に) LEDを仕込んだ靴パーツと、
爪にLEDを貼り付けたものを展示!

個人的には、この爪のやつでいいので、
欲しいです!
自作したいくらいです!!(なんに使う気w)

その横にあったMacに写し出された制御プログラムは、
はっきり言ってどこがどうなってるのかわかりませんw


⑧ 衣装や基盤などデバイスの資料画像

これはなかなかシブイ展示ですねー
基盤や衣装をそれぞれ個別に取り上げて、スペック?の説明を加える(映像で)


※以上、何の締めもなく終わりますw
展示に対して、理解足りてない部分も多々ありますが、
ブログの中の人の仕様ですので、あしからずご容赦ください( ̄▽ ̄;)






わりと短くてあっという間と言われてる展示でしたが、
こんなことやってたら、軽く1時間くらいかかりますよ。。これ

とにかく、こんなPerfume 愛に満ちた展示をやっていただいて、
ありがとうライゾマさん♪
ありがとうピオレ姫路さん♪

さーて、姫路で関西初上陸を果たしたライゾマ展は、、
今後どこへ展開するのか…

四国初上陸とかどうですかー?

ほんとうに、海を越えた上陸感が味わえますよ~!(;・∀・)


いや、お願い来てください!

コンテナ展もセットで!

関連記事

コメント

ウニぷりん #-

また見たい

さ~くん

レポありがとうございますヾ( ^ω^)ノ
コンテナも来てほしかったですよね!
すべて、全国の皆さんに見ていただきたい☆゛

2014.05.06(Tue) 20:46 | URL | EDIT

さ~くん #Fd3XnWDI

ウニぷりんさん♪

コメントありがとうございまーす♪

>レポありがとうございますヾ( ^ω^)ノ
コンテナも来てほしかったですよね!
すべて、全国の皆さんに見ていただきたい☆゛

本家のライゾマなんとか展やコンテナに行けなかったもので、
ようやく少しパフュ充できた感じです♪
いやー、ほんとこういうのを全国巡回でやってほしい…。゚(゚´ω`゚)゚。

もっと、たくさんの人の目に触れるべきですよね!
できたら、もうすこし、近くにね。。

2014.05.07(Wed) 12:38 | URL | EDIT

sugamo #-

さすがですね。ここまで踏み込んだ詳細な説明は界隈でもないと断言できます。ありがとうございます。東京会場の半分位の展示なのでしょうか。

そう言えば、東京では、これに付随して「アーティスト・トーク」なるものがありました。思い出すのが、整理券を貰いに1時間半前に並んだことです。確か講演中、mikiko先生と関さんが、整理番号No1の人は前の晩から泊まり込みされていたとその方を見ながら話されておりました。小生は1時間30分程並んだお蔭で比較的前の席だったので、その方を見ることが出来たのですが、意外にも?ごくごく普通の物静かな若い(又は若く見られる-この表現、すみません)男性の方でした。

2014.05.07(Wed) 21:51 | URL | EDIT

さ~くん #Fd3XnWDI

sugamoさん

コメントありがとうございます♪

>さすがですね。ここまで踏み込んだ詳細な説明は界隈でもないと断言できます。ありがとうございます。東京会場の半分位の展示なのでしょうか。

ありがとうございます♪
いつかは四国にもPerfume 関連でライゾマさんに来てほしい、
でもなかなか難しいなら、自分で作っちゃうぞという意気込みで見に行きましたので(笑)
でもやっぱり、肝心のテクノロジーのことについては文系の自分にはさっぱりで、断念したところです( ̄▽ ̄;)
東京の展示ってそんなに大きいんですか~ヽ(;▽;)ノ


>そう言えば、東京では、これに付随して「アーティスト・トーク」なるものがありました。思い出すのが、整理券を貰いに1時間半前に並んだことです。確か講演中、mikiko先生と関さんが、整理番号No1の人は前の晩から泊まり込みされていたとその方を見ながら話されておりました。小生は1時間30分程並んだお蔭で比較的前の席だったので、その方を見ることが出来たのですが、意外にも?ごくごく普通の物静かな若い(又は若く見られる-この表現、すみません)男性の方でした。

アーティストトークはまとめられたものをのっちほどどこかで見た気がします。。
あのトークはほんと行きたかったんです。
今回も初日には真鍋さん来られてて
一緒に写真を撮ってもらった方もいたようです。

sugamo さんも1時間半お疲れさまでした!
その一番の方、まさか知っている方なんじゃ…
当日はPerfume ファンの方が多かったのでしょうね♪
やはり、東京、羨ましい。゚(゚´ω`゚)゚。


2014.05.08(Thu) 13:00 | URL | EDIT

PageTop↑

コメントの投稿


プロフィール

Sa〜kun

Author:Sa〜kun
――――――――――
島国四国はみかんの国からPerfumeを応援しています。
P.T.A.会員@Ehime

武道館ライブ(DVDのゆかちゃん)を観て本格的なファンに♪
初生Perfumeは2011広島FFで、ライブはさらに新参!

「ファンの上にファンなし、ファンの下にファンなし!」(いいこと言った)

普段はPerfumeをほぼ最後方からご支援!!
でもライブでは、最前線へ!(言霊)
まだまだ手薄な地方から盛り上げていきたいっ!
更新は週に2~3回程度だけど…

――――――――――――――――――
【ヘッダー画像】
ブログ開始記念にブロとものきさらさんに、描き下ろしていただきました!
このブログを始める最後の一押しをしてくれた方です。
――――――――――――――――――

Twitter:@P_T_Sa_kun
P-twitter用デザイン2una-chan-4.jpg
k_i.jpg縺�BIT0VYlCMAUfmtj.jpg

フォローリクエストしていただくと、もれなくブログの更新お知らせと
くだらない呟きが聞こえてきますw

現在のアイコンは
小野秀一さん謹製の
「氷結CMハリバリゆかちゃん!!」
「直角NFあ~ちゃん!!」
「bitter×LSG2013のっち!!」
「PMU MJ放送ver.ゆかちゃん」
ウナムさん謹製の
「未来ミュあ~ちゃん!!」
(不定期で入れ替え中)

pfmkai2_20120629030040.jpg
ここでは言えないことを言うときお使いください♪

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

全記事表示リンク

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR